そもそも金属とは何

金属加工の種類

私たち人類は時代と共に様々な変化をしながら生きて来ました。
そんな人類が最初に用いた、最も古い加工方法が鍛造と言われています。
最初に金を発見した人が、この金を叩いて延ばし装飾品などを作ったと言われています。
この他にも、金属の製造・加工方法は様々な物があります。
缶ジュースなどを入れている様な、缶類はプレスという加工方法で加工されています。
凹状金型と凸状金型の間に、薄い金属板を挟みます。そこに圧力を加える事でその金型通りの形状に変形、加工する方法のことをプレスといいます。
溶接は聞いたことのある方も多いでしょう。
溶接とは棒や板アングルなどの金属の材料を突き合わせ、溶接棒を電気的なアーク・ガスにより加熱などで溶融させ接合し、目的としている形状の物を製造する加工方法のことを言います。
ビルの鉄骨構造、橋などに使用されたり、機械部品などにも使用されています。

微粒子の集団を溶融温度80パーセントほどに加熱します。
すると強固になる性質があり、その性質の事を焼結と呼んでいます。
このような性質は金属に適用されており、色々な製品を作る事を粉末治金といいます。
溶けた金属を方に流し込み、製品を製造する方法の事を鋳造と言われています。
この方法で造られた物を鋳物と呼びます。鋳物は固体に流し入れ、自由に変形しやすい液体に変え鋳型に流し入れます。
目的の形を一挙に作り上げる、という大きな特徴があります。
鋳型の流し込む物がどのように複雑なものでも、流し込む金属が液で、力を加えなくても隅から隅まで流れ込み、鋳型通りの鋳物作ることが可能となります。

銅管について

日常生活の中で「銅管」というものを耳にしたことのある方は少数派で、初めて聞く方も多いでしょう。銅管とは、銅でできている管の事をいいます。銅管について少しづつ理解していきましょう。

詳しく読む

身近な物

銅管は現在、給水用配管として利用されるようになりました。また様々な場面で使用されています。銅管について知らない方も多いですが、実は身の回りに多くのシーンで利用されているのです。

詳しく読む

リサイクル

銅の特性には様々なものがありますが、その中でも熱が伝わりやすいという強みを発揮しているのが銅管です。現在世界中で銅が利用されているため、リサイクルなどが必要とされてきます。

詳しく読む